介護業界の人材不足と求人・転職事情①

介護業界の人材不足と求人・転職事情①

今、日本は「高齢社会」を迎えています。

かつて、日本は「高齢化社会」と呼ばれていましたが、「総人口に対する高齢者人口の割合が7%」という条件を超えてしまったのです。

現在、高齢者の割合は増加傾向にありますが、その高齢者人口の割合が増え、14%以上を超えると「高齢社会社会」、さらに20%を超えた社会を「超高齢化社会」と呼ばれるようになります。

高齢化率は現在、23.0%に達し、「超高齢化社会」のレベルになりました。

そして、見通しとしては2025年には30%を超え、統計的数値的にはその後2060年の40%まで増加し続けると見られています。

つまり将来的には3人に1人、2.5人に1人は高齢者であるという世界が現実になろうとしているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です