介護業界の人材不足と求人・転職事情②

介護業界の人材不足と求人・転職事情②

「超高齢化社会」を迎えつつある日本。

その高齢者の増加に伴い、市場も2013年度には9.6兆円へ拡大を果たしました。

介護保険法が制定された2000年度の約2.7倍というスピードで、その市場は高齢者の増加に伴い拡大していくと考えられており、見込みでは15.2兆円の市場規模になるとされています。

市場競争が厳しくなることが予想され、「成長産業」として注目を浴びている介護業界では、ずっと「人手不足」が常に叫ばれ続けています。

これまでも、そして今も人材不足に悩み、市場拡大成長に伴って、これからの人材確保も課題となっている業界、それが介護業界というわけです。

その規模は、厚生労働省の試算では、毎年5万人の新規雇用が必要であるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です