デイサービス・デイケア

デイサービス・デイケア

デイサービスとは
デイサービスとは介護老人福祉施設や在宅サービスセンターで行われているものを言います。
デイケアとは若干異なり、デイサービスでは認知症専門通所介護を担っています。
デイサービスの利用
デイケアをする介護士 基本的に高齢者を介護する家族の都合により利用される場合が多く、利用目的の中で重要となってくるのが『入浴』です。自宅の浴室が介護用に改装されていない場合、介護する家族側の負担も大きくなりがちで、時間も掛かってしまいます。自宅に代わって施設で入浴をしてもらうサービスですが、一度で気に入り、積極的にデイサービスを利用する高齢者も多いと言われています。
デイケアとは
デイケアは、高齢者と精神科に分かれている事が多く、利用者同士が交流する事が特徴となっています。一般に昼間は、レクリエーションなどの活動を通して他の方と接し、社会復帰や入院予防が目標とされています。
デイケアの目的
デイケアには以下のような目的があります。

・決まったリズムのある生活を送る事で、生活時間の管理能力を持たせる
・仲間と一緒に何をする事で自主性と協調性を培う
・ゲームや簡単な手作業を通して、社会復帰の体力と作業能力を維持、または向上させる

また、在宅高齢者を対象にした託老所と言った形で行われる事を、デイケアという場合もあります。

デイケアの種類とは
デイケアでは、標準となっている6時間のもの、16時以降の4時間が標準となっているナイトケア、デイケアとナイトケアの両者を組み合わせたデイナイトケア、日中の3時間を標準としたショートケアなどがあります。規模や区分があり、利用者あたりの広さ、専用室の広さ、職員配置、患者数が定まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です